ニュース&トピックス

ポールトゥウィン「VRデバッグサービス」の提供を開始
-ユーザーが安全に楽しめるVRコンテンツ作りを支援-

2016.10.26

 ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社(本社/東京都新宿区、代表取締役社長/小西直人、証券コード/3657)の傘下で、ゲームのデバッグ(不具合検出)等を手掛けるポールトゥウィン株式会社(本社/愛知県名古屋市、代表取締役/津田哲治、以下ポールトゥウィン)は、平成28年11月1日より、「VRデバッグサービス」(VR=バーチャルリアリティ、仮想現実)の本格的な提供を開始いたしますのでお知らせいたします。

 ポールトゥウィンは、ソフトウェア・ハードウェアの品質向上をサポートするために不具合の検出を行うデバッグ・検証事業を主な事業としております。平成28年は「VR元年」とも言われており、数々のVRヘッドマウントディスプレイが発売され、ゲーム業界を中心に国内外でVRコンテンツの開発が活発に行われています。
 一方で、VRコンテンツに初めて触れるユーザーも多いことから、「VR酔い」と呼ばれるVR特有の不快感や違和感等によって、コンテンツ本来の面白さが伝わらないまま、プレイから離脱してしまうユーザーがいることも確認されております。(当社調べ、次図参照)また、プレイヤーは周囲が見えないことから、プレイエリアの配慮も必要とされ、VRコンテンツ開発各社には、生理的・物理的な安全性にも配慮したコンテンツ作りが求められています。
image004
 ポールトゥウィンは、在外グループ会社にて数年前から行ってきたVRコンテンツデバッグの実績があり、その経験とこれまでゲームソフトのデバッグで培ったノウハウを活かした「VRデバッグサービス」の提供を開始いたします。ポールトゥウィンの「VRデバッグサービス」では、VRヘッドマウントディスプレイを装着したプレイヤー(テスター)の転倒や衝突事故に配慮した専用スペースを用意し、バイタルデータを用いた映像酔いや疲労度の評価に加えて、VRコンテンツ本来の面白さをデバッグの観点から検証します。

 今後、ポールトゥウィンは、ユーザーが安全に楽しめるVRコンテンツ作りをサポートし、ゲーム分野だけでなく、医療、不動産や運輸等、様々な分野への広がりが期待されるVRの普及に貢献をしてまいります。


●サービスの特徴
・プレイヤーの安全性を考慮した専用スペースで検証作業を実施
・主観評価(SSQ評価)、生理評価(生体信号測定)、パフォーマンス評価を用いた総合的なVR酔いの評価
・最新版測定機器(H-FPA)を用いた、HMD表示コンテンツの光過敏チェックに対応

image006



 なお、ポールトゥウィンは、平成28年11月16日開催「Japan VR Summit 2」(http://jvrs.org/02/ja/)へスポンサー参加いたします。

以 上


(お問い合わせ先)
ポールトゥウィン株式会社
〒163-0811 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル11F
電話 03-5324-9801
ホームページ:http://www.ptw.co.jp